先週の大雨から一転、近畿地方は一昨日、去年より4日早い梅雨明けが発表され、これからいよいよ夏本番です。

夏に流行る代表的な疾患として咽頭結膜熱(プール熱)、ヘルパンギーナ、手足口病があり、これらを一般的に夏かぜと言います。

これらに対する特効薬はなく、免疫力を高め自然に治るのを待つしかありません。

主な原因の一つが身体の冷えであり、夏の暑さで体力が落ちているところに効かせ過ぎのエアコンで寝冷えをしたり、汗をかいたままの衣服の着用、夏バテによる食欲不振が続いたりすることでかかりやすくなる為、適切な室温管理をし、質の高い睡眠と栄養を心がけ、しっかりと予防していきましょう。 宮崎