今年の夏は連日気温が40℃近くまで上がり、厳しい暑さとなりました。

気温と湿度が高くなる夏場は細菌の繁殖が活発となる為、一年中でも特に食中毒が多く発生する時期です。

食中毒にかかると、腹痛や吐き気、下痢、発熱など辛い症状を引き起こす為、日頃からの予防・対策が大切です。

調理前には必ず石けんで手を洗う、食材を購入したら早めに冷蔵庫や冷凍庫で保管する、加熱調理の際は中まで十分に火を通し、十分に気をつけていきましょう。

日頃からの休養も大切に。

宮崎