小さいお子様で特にまだ話すことの出来ない乳幼児は、鼻が詰まったり耳が痛くなったりすることで機嫌が悪くなり授乳をしても飲まない、夜泣きが続くと言ったことが起こります。

急性鼻炎で鼻水が出ている場合は、鼻腔の奥の鼻水を吸引し通りをよくしてからネブライザーで鼻や喉にお薬を行き渡らせるだけでも症状が緩和されます。

また高熱を伴い鼻水が原因で鼓膜の中に膿が溜まり細菌やウイルスが繁殖してしまっている状態(急性中耳炎)の場合は抗生物質の投与も必要となりますので、先ずは受診し正確な診断を受けましょう。 宮崎