現在、スギ花粉飛散が多い状態が続いています。

ただ、今年は、重症の方が例年より少ない印象です。

 

さて、薬剤での治療についてですが、スギ花粉に対するからだのアレルギー反応をブロックすることで症状を軽減します。

アレルギー反応はいろいろな反応経路があるため、どこをブロックするかで、数種類に分かれています。

 

最も多く使われるのが、抗ヒスタミン剤というものです。

市販されているアレグラ、アレジオン、クラリチンもこのグループの薬剤です。

副作用として眠気がでることがあり、アレルギーへの効果と副作用の出方を考えながら、薬剤を選択します。

同じ薬剤でも、人によって効果や副作用は異なります。

 

もし抗ヒスタミン剤単独で効果が不十分であれば、作用機序の違う薬剤を併用することがあります。

花粉症でお困りの方は、お気軽にご相談ください。

 

(宮田)