予防接種はたくさん種類があり、つい接種を忘れてしまうことがあるかもしれません。

おたふくかぜやインフルエンザなどを除き、多くが公費負担ですが、それには該当する期間があります。

特に気をつけたいのが、公費負担となる期間の短いワクチンです。

 

◎麻しん風しん混合(MR)ワクチン

1期も1年間(生後12か月から24か月まで)と短いのですが、この時期はほかの接種もあるため、忘れる率は低いと思われます。

2期は小学校就学前の1年間に限られます。小学校入学後は公費負担になりませんので、ご注意ください。

 

◎ジフテリア破傷風2種混合(DT)ワクチン

11歳以上、13歳未満が公費負担の対象です。

13歳になってしまうと公費負担の対象からはずれます。

ほかのワクチンをうつ機会が減っていて、忘れやすい時期ですのでご注意ください。